悩むカラー選び!外壁の色調の決め方

周りの環境とのバランスで決める

素敵な注文住宅にするには外壁の色選びが重要です。色調を決めるときのポイントとして、まず周囲の環境とのバランスを考える必要があります。例えば木々が茂っているなど自然溢れる場所に家を建てる場合は、グリーン系の外壁は相性が良くないです。周りも緑で壁の色も緑では、家が埋もれて見えてしまいます。また閑静な住宅街の中で真っ赤な外壁にするのも、景観が損なわれるので控えたほうが無難でしょう。住宅街では奇抜なカラーはご近所にもよく思われません。このように、外壁の色は見た目の問題だけでなく住んでからのご近所付き合いにも関係してきます。どのような色がベストなのか、シミュレーション機能も使いながら慎重に決めたいものです。

家のテイストに合うカラーにする

注文住宅を建てるときには、どんな雰囲気の家にしたいのかテイストを決めることが大切です。そして外壁の色も、テイストに合うカラーにしましょう。例えばどこか雑貨屋のようなナチュラルな家を目指すのであれば、外壁はホワイト系や淡いベージュが合います。落ち着いたモダンな家が良いなら、ブラウン系やグレー、モノトーン色の外壁がおすすめです。寒色系か暖色系のどちらを選ぶかでも、大きく見た目の雰囲気は変わってきます。クールな感じにしたいのか、それとも明るい華やかなイメージにしたいのか、初めに定かにすることで外壁の色味も決めやすくなるでしょう。外壁だけが家の中で浮いてしまわないように、全体を見ながら色を選ぶことがポイントと言えます。