部屋全体の理想の雰囲気をイメージしてから壁紙のデザインを決める

部屋の雰囲気は壁紙の色で大きく変わる

部屋の内装を決めるときに最も大きな影響を及ぼすのは壁紙です。部屋の雰囲気はほぼ壁紙によって決まるので注意しましょう。壁は部屋の大半を占めているからです。家具や家電をたくさん設置したとしても、壁が露出している部分は広いでしょう。白い壁紙と黒い壁紙の部屋をイメージしてみるとわかりやすいですが、明らかに部屋の雰囲気が大きく変わります。壁紙の細かなデザインも雰囲気に影響しますが、まず考えると良いのが色の影響です。人は直感的に色で雰囲気を感じ取るので、色にこだわって壁紙を決めると理想の雰囲気の部屋に仕上げることができます。部屋全体をどのような雰囲気にするかをイメージして、最もマッチする色の壁紙を選びましょう。

壁紙のデザインを考えるポイント

同じ色の壁紙だったとしても、どのようなデザインになっているかによって部屋の雰囲気は変わります。壁紙のデザインは完全な無地も選べますが、ざらつきがある自然な感じのデザインもあります。規則的な模様が描かれている壁紙も、キャラクターやオブジェクトなどを使っている壁紙もあり、さまざまな種類から選ぶことが可能です。まずは色で部屋全体の雰囲気をイメージした上で、具体的にどういう気分で過ごしたいかを考えてみましょう。落ち着いた雰囲気にしたいならナチュラルなデザインが適しています。愉快になりたいならキャラクターや模様を活用した方が良いでしょう。イメージ力が壁紙選びでは最も大切なので、想像力を働かせて検討しましょう。